スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッコーダ オフミ *15-16シーズン終了* 開催予定!!

皆さん
さすがに
スノーシーズンは
もうオフりましたよね?

まだの人います??

ということで
そろそろ
いきますヨ~


160ffmeoff2z.jpg

“ハッコーダオフミ 2015-2016 OFF-SEASON”
の開催決定しましたヽ(≧∀≦)ノ~☆

ハッコーダ オフミ *15-16シーズン終了*
・2016 6/11(土) 19:30~
・1500yen (1ドリンク付き)


lk.jpg
@cafe' Light Kick

参加は誰でも自由です。

ハッコーダで見た事がある顔が居るので
独りでも気軽にどうぞ~~

初見歓迎です!

お酒でも飲みながら
八甲田セッションの反省会(?)でもしましょー♪

来シーズンは
今シーズンよりも
アレやコレや
もっともっとヤバイのしましょうねwww


まずは

夏シーズンの
釣り、
SK8、
サーフィン、
ロードバイク、
BMX、
マラソンなどなどの
相談やアポして
夏場も楽しみましょう!

「楽しむことだ」


poh top
※1.
今回もハッコーダオフミの会費から
¥100/1人“POH” を通し八甲田に還元させて頂きます。
ご理解とご了承ください。

☆Special Thanks☆
・Cafe' Light Kick
・gre'
・WISH
・ABOUT
・OGUMILK
スポンサーサイト

2016山菜部 : 旬のモノを。

20160516mon

16051601.jpg
まだ道の駅にも売っていない
タケノコを探しに行ってきたの月曜の話。

まだまだ
探して探して
やっと見つけることが出来る程度。。。

細っいアノタケノコは山ほどあったけど
眼中にナシw

16051602.jpg
やっぱりコレだよ。コレ。

捕獲サイズは親指以上基準で!

16051603.jpg
既定サイズ以下もあるようだけど
そこはご愛嬌でwww

16051604.jpg
副産物のワラビも少々ゲット。

肴には十分です♫

(ちなみに、現在では道の駅はタケノコとワラビだらけ~)

で、
日を改めて

20160520fri


高度を上げて
木の芽系のラストを狙いに。

タラの芽、コシアブラとも
終盤も終盤でしたね~。

ギリいけそうなのを
チョイチョイ採って
散歩に変更w

16052001.jpg
“サンカヨウ” を発見。

この花は濡れるとスゴイんだよ~
知ってる~?
知らないの~ww
ふ~ん(-∀-)へへへ

16052002.jpg
春は山菜の季節でもあるけど
滝の季節でもある。

16052003.jpg
雪解け水で至る所に滝が出現する。

マイナスイオンを浴びて
リフレッシュして再度はんたぁ復活!

16052004.jpg
ウッディ~♪

「ウドが食べたい!」
ってリクエストもらってたから
ミッションクリアだw

16052005.jpg
良く見たら
ハルゼミが一匹孵化の準備中。

ガンバレよ。
このウドは君にあげるよ。。。

副産物の
ソデコ、ゼンマイも少々頂いて
終了~。

16052006.jpg
帰り道で出逢った獣は
置物と間違えるくらい動かない。。。

アナグマ?

山は実にオモシロい

(^_-)V

AMR 2015-2016 075 : シーズン終了っ!

20160513fri

酸ケ湯の積雪が
前日には二桁あったのに
午後にはゼロに。

え? マジ??

急いで
車にボード一式を積み込み
ブ~~ン!!

16051301.jpg
あらら~(´・_・`)
やっぱりココからのアプローチは厳しいな。

16051302.jpg
コッチからなら
雪面をキープしながらアプローチできそうだけど
夕活の僕には
一寸厳しそうと
判断して
中止で。。。

16051303.jpg
結果としては
先日の “サーワータイムブルース” が
事実上のシーズン収め日に。

まあ、そう考えると
キッチリ楽しんで終われたのでOKOK♫

≪AMR 2015-2016 成績≫
・滑走日数: 75日。
・RW乗車数: 
 ⑫.17本
 ①.73本
 ②.64本
 ③.60本
 ④.41本
 ⑤. 1本
 合計256本。
・BC登頂山:
 ①.赤倉岳
 ②.硫黄岳
 ③.櫛ヶ峯
 ④.駒ヶ峯。
・その他: サーワー登り返し多数。

毎日たくさん滑ってるように見えるかもしれませんが
基本、週1休みの午後活なので
こんなもんですよww

本数以上に内容は
メッチャ濃いと自負してますけどねwww

今シーズン色々絡んでいただいた方々
ありがとーございました!
来シーズンもヨロシクですっ( ̄^ ̄)ゞ

さて。 
6月に入ったら恒例のオフミしましょー!
皆さん、いつなら予定合いますか??
今シーズンの打ち上げと
来シーズンの妄想しましょ~~。

16051304.jpg
帰り道。
寄り道。

16051305.jpg
お! 腰掛発見。。。

16051306.jpg
一寸だけ
森に入ろう~。

16051307.jpg
小さなフキノトウ。

16051308.jpg
なんだか、ボルダリングできそう~。
僕は出来ませんけどww

16051309.jpg
新緑の中を
滑ることは出来なかったけど
歩くことはできました。

16051310.jpg
できれば
下はもっと雪が残ってて、、、

16051311a.jpg
緑と白のコントラストを楽しみかったね。。。

16051312.jpg
折角なんで
ゲレンデも見ていこう。
KNMゼロ。

16051313.jpg
スラロームもゼロ。

16051314.jpg
足元に
キクザキイチゲ。
もうすっかり春。

16051315.jpg
山の高い処では
まだ
タラの芽や

16051316.jpg
コシアブラが楽しめそう。

来シーズンに向けて
藪漕ぎして
体力づくりします

(^_-)V

2016魚釣部 : スタート♫

20160514sat

春になれば
春の楽しみがある。

そんな生活をしたくて青森に居る。
ようなモノww

さて。

魚釣部3号から
TELアリ。

「そろそろ活動開始しましょ~w」
「OK!ww」

ってことで
早速釣行へレッツゴー。

天気良し。
気温良し。

で、爆風。。。。(;゜0゜)

16051401.jpg
あの手この手を尽くしましたが
コバスで終了。。。

んん~、次回リベンジで(T_T)

早めに切り上げて
時間が余ったので
ソロで海釣りへ
レッツゴーww

勿論、海も強風ですヨ。。。

それでも
鯵釣りの人で賑わってる。

こんなに人いるの久しぶりかもw

空き場所も少ないので
誰も居ない外海で
まずはチョロチョロと。

16051402.jpg
アイスジグで。

16051403.jpg
バットコンディションでも
ボウズで終わらせない
僕の十八番プラグ♫

16051404.jpg
人出が引けて来た時間帯からは
風をかわしたポイントで
ジグヘッドで。

イイサイズは
1本も獲れなかったけど
久しぶりの
アタリの感触、引きの感触は
やっぱりサイコーだなヽ(≧∀≦)ノ

2016魚釣部もスタートです

(^_-)V

2016山菜部 : スタート♪

20160509mon

さてさて

雪山もそろそろ
終り? もう終わった??
感が出てきたのでw

山菜部の活動を
スタートさせたいと思います~

先日下見は済ませていたので
今日は
毎年通ってるポイントを
狙って行ってみます。

16051201.jpg
コシアブラ。

16051202.jpg
タラの芽は先行者アリみたいですね。
僕なら
こんな小さいのは採らないけどなぁww(*´_ゝ`)

16051203.jpg
シダ畑。。。

16051204.jpg
コゴミはのびるの早いから。
今年も一寸ピーク逃しちゃったね。。。

来年のために
また株残したと思えば
楽しみが増えてイイさw

16051205.jpg
イイのだけ
頂いて
2、3番は来年のために残す。
そんな余裕が
大きな収穫に繋がるのですヨ♫

16051206.jpg
コゴミも最近じゃあ
太いのは林の奥まで行かないと
見つけられないもんね。

春の旬を頂きます。
ありがとーございます。
ごちそうさまです。

(^_-)V

2016山菜部

2016山菜部(春)も
そろそろスタートさせなきゃ!

春の山菜の成長は
想像以上に早いモノが多いからね。

先週偵察に行った時は、、、

16050701.jpg
日向の細いコゴミは出始め。

16050702.jpg
カタクリは見頃。

16050703.jpg
タラの芽は蕾。

16050704.jpg
コシアブラは蕾の蕾。。。

来週がピークですかね。
第一波は。

ゆっくりしてられませんね~

春は春で忙しい♫

16050705.jpg
今年は小雪の影響なのか
枝の立ち上がりが早く
ちょっと葉が多い気がするけど、、、

タケノコへの影響はどうですかね~

来週早々山菜部始動です

(^_-)V

AMR 2015-2016 074 : Sa-Wa-Time Blues

20160503tue

Sa-Wa-Time Blues 2016!

で、一緒に遊んでくれた方々
お疲れサーワーでしたww♪

先日に引き続き
今日も
僕の大好きなアーティスト
忌野清志郎さん(故)の言葉を借ります。
(参照:サイクリング・ブルース)

“自転車はブルースだ。
 クルマや観光バスではわからない。
 走る道すべてにブルースがあふれている。
 楽しくて、つらくて、かっこいい。
 憂うつで陽気で踊り出したくなるようなリズム。
 子供にはわからない本物の言葉。
 ブルースにはすべての可能性がふくまれている。
 自転車はブルースだ。
 底抜けに明るく目的地まで運んでくれるぜ”

乗り物は違えど
スノーボードはブルースだ!

2016050301.jpg
『Sa-Wa-Time Blues』
は、地形を愛するライダーの集い。

2016050302.jpg
サーワーを探して旅をする。

2016050303.jpg
良さそうなサーワーに出逢ったら
滑る。
登る。

単純で奥深い。。。

2016050304.jpg
我慢しきれず
途中でゴー~~!

それもまたブルースだww

2016050305.jpg
巨木の下に
仮宿を構えて
セッションスタート♫

2016050306.jpg
5月の新雪。
半袖滑走→雪死亡…。

2016050307.jpg
走らない雪でも
バンクれるのは
ここのサーワーのポテンシャルの高さの証明。

2016050308.jpg
「このサーワー、イイ雪で滑りたかったぁ~」

それは禁句だぜwww

2016050309.jpg
その状況を楽しもうぜ!

2016050310.jpg
みんなで滑って
このサーワーを眠りから起こすしかないでしょ。

2016050311.jpg
とは言っても
登りはハイクだから
体力の消耗は激しいのさ・・・。

2016050312.jpg
My シェイパー持参のデーハーディガー(笑

2016050313.jpg
「お疲れさまっす」
「サイコーの仕事ぶりっす」

2016050314.jpg
削る。
滑る。
登る。
このリズム。

2016050315.jpg
山のパワーで激チャージw

2016050316.jpg
aka 赤鬼 参上!

2016050317.jpg
“喫茶 赤鬼” のマスターが

2016050318.jpg
イエ~~~♫

2016050319.jpg
ogury も~

2016050320.jpg
KR も~~

2016050321.jpg
HND も
リップゲット!

2016050322.jpg
今日の雪は走らない。
と、投げ出されたサーワーも

2016050323.jpg
イイ具合になり始めたぜっ!

2016050324.jpg
第1バンクも

2016050325.jpg
第2バンクも

2016050326.jpg
第3バンクも

2016050327.jpg
第4、第5、、、

2016050328.jpg
イイリズム(^v^)b

2016050329.jpg
この感覚。

2016050330.jpg
全身で感じるこの感覚。

2016050331.jpg
やめられない。

2016050332.jpg
止まらない。

そう。
もうスピードオーバーで
止まらないくらい走るwww

2016050333.jpg
デーハー会長が
怪しい動きを見せ始めました。

2016050334.jpg
この2人。
悪い顔してるぜ。。。

2016050335.jpg
もう天然じゃないかもしれないけど、、、

2016050336.jpg
このサーワーはヤバイ♫

2016050337.jpg
パーティータイム

2016050338.jpg
スタート!

2016050339.jpg
パパラッチに見せつけろ。

2016050340.jpg
今日イチのphotoは
コレに決定だ!
Rider : KR
Photo: SG。

2016050341.jpg
若者とリップは

2016050342.jpg
お友達。

2016050343.jpg
たまにケンカもするけど
すぐ仲直り。。。

2016050344.jpg
えーと。
コレ、何だっけ?
強盗に襲われた時??ww

2016050345.jpg
今シーズンのラストセッション。

2016050346.jpg
藪超えして

2016050347.jpg
無事下山して

2016050348.jpg
TENNEN BANKS
ちけいはんたぁ
Sa-Wa-Time Blues
終了。

また来シーズン!!

“春の天然バンクはブルースだ。
 ゲレンデやパークではわからない。
 滑る地形すべてにブルースがあふれている。
 楽しくて、つらくて、かっこいい。
 ハイクして滑って踊り出したくなるようなリズム。
 ガキにはわからない本物の遊び。
 スノーボードにはすべての可能性がふくまれている。
 サーワータイムブルースはサイコーだ。
 真冬の底なしパウダーも勿論愛してるぜ(笑”
(パクリのogury)

(^_-)V


photo: Hakkoda Friends.

AMR 2015-2016 073 : 漢塾!

20150501sun

FBのメッセージを着信:
「南八甲田へ行きませんか?」

塾長からお誘いが
ついに来たww

断る理由はナイ。
その先待っているは
天国なのか? 地獄なのか??

漢塾 ~入塾体験記~
(長め、クドめです。要注意ww)
15050101.jpg
早朝3:30。
車をピックアップするため家を出発し
一度会社へ。

15050102.jpg
嫁が握ってくれたオニギリを片手に
集合場所の睡蓮沼を目指す。

山の朝は冷え込みが厳しく
水溜りがツルツル路面に。

15050103.jpg
集合時間は5時だが
30分前に予定通り着。

15050104.jpg
東の空が明るくなってきた。
凛とした空気と缶珈琲。
その時をしばし待つ。。。

15050105.jpg
来た! 日の出だ!!

この瞬間を独り占め。
ありがとー♫

その真新しい光を全身に浴びて
これから始まる
今日一日のエネルギーをフルチャージっ!

15050106.jpg
さて、
先輩方のご到着を待ちましょう。

一人、二人、三人、、、

15050107.jpg
(NBさん、写真お借りします) Photo : NB

漢塾メンバーが集まってきました。

本日のメンバー
① CONさん :スプリッター
② YMcn :スプリッター
③ NBさん :スプリッター
④ Ogury :スノーシュー(ポチ)

ヨロシクお願いします。

15050108.jpg
朝日に背を押され
初めての南八甲田へいざ!!

15050109.jpg
(Photo : NB)
ドラクエだったら
僕は棺桶を引きずったスタイルになってますが
誰も死んでませんのでご心配なく(笑

長旅になると
ボードは
背負うよりも
引きずった方が
疲労を分散できるそうです。

この方式を
僕は “ポチ” と名付けました。
(ポチの説明は後程にでも…)

15050110.jpg
途中、南八甲田から北八甲田を望む。

今日は
いつもRW山頂駅から眺めるだけの
山に居る。

15050112.jpg
ツララが鉈型。

15050111.jpg
今日の面子は全員40オーバー。
二十歳の時の自分は
こんな40歳は想像できなかった。

15050113.jpg
それにしても、、、
先輩方はハイスピードっ!
シュッシュシュッシュ登っていく。

スプリットボードの
浮力、機動力に驚かされる。

15050114.jpg
スノーシューだと1歩1歩で15cm沈む。
スプリットのトラックを
僕は使えないことが早々に判明…。

吹き溜まりだと
膝まで埋まる雪もあった。

新雪が僕には不親切。

それに加え
スプリットは一寸した下りを
滑ってクリアできる利点もある。

付いて行くのに必死です(汗

15050115.jpg
ポイントポイントで待っていてくれます。

が、
“デカ方式” 採用。

※デカ方式
先頭が休憩ポイントに入り
最後尾を待つ。その時間差が休憩時間。
よって、最後尾は休憩ナシなのだ!ww


15050116.jpg
スプリッター速ぇーーー!!!
もう登りに差し掛かってます。
あのオジサマ方化け物だね・・・(尊敬)。

15050117.jpg
登りレース開始です。

登りは
スプリットよりも
スノーシューの方が有利
と聞いたけど
どうでしょう。。。実証できません。。。

15050118.jpg
稜線のアイスバーンを使って
体力温存しながら登ります。

沈む不安定な足場に比べ
硬く安定したバーンは相当楽に感じます。

15050119.jpg
櫛ケ峯山頂! 着!!
って、合ってますか???(笑

そもそもピークハンターではないので
いつもピークに関してはそんな感じです(汗

15050120.jpg
登り始めの頃は
ピークまで視界が抜けていたのですが
ピーク到着時には
目下に雲海が。。。

15050121.jpg
今日は時間の都合上
タイムトライアル。
霧中にドロップです!

15050122.jpg
櫛ケ峰ありがとうございました。

15050123.jpg
3時間半歩いてきて
滑りが宇宙旅行…。

さぞかし悔しがるのかと思ったら
意外とケロっとしてます。。。

「自然相手だからしゃーないかぁ~」
「次回リベンジで」

大人の余裕ですかね。
さすがです!!

もう、何処までついて行きます!!!

15050124.jpg
気が付いたら、、、
駒ケ峯ピーク!?

15050125.jpg
櫛ケ峯コース。
ここはスノーシューで来ても
いい処なのですか?

時々自答しました(笑

15050126.jpg
途中電池切れで
正確な記録は出来ませんでしたが、、、

時間をフルに使って
体力もフルに使って
漢塾入塾体験は無事終了です。

6時間ほぼ歩きっぱなしは
初めての体験でしたが
何か色々なことが身になった気がします。

何度も折れ掛かった心を
自分で励ます時

僕は
「ウサギとカメ。ウサギとカメ。。。」
と1歩ずつ少しずつ
足を止めずに進み続けました。

しかし
時間の経過とともに
考え方も少しずつ変化しました。

「ウサギとカメ」ではなく
「自分はどこまでやれるんだろ?」と。

僕の大好きなアーティスト
忌野清志郎さん(故)のことを
思い出して。。。

忌野清志郎さんは自転車を愛していました。
その大好きな “自転車を始めたきっかけ” となったのは
とあるニュースがきっかけだったそうです。

ちなみにそのニュースとは、、、

雪山で雪崩に巻き込まれ遭難した息子を
80歳の父親が吹雪の中探索に向かい
自ら救出したという浮世離れした話でした。


彼は
「もし自分がその場面だったら何処までやれるのだろう?」
「そんな人間の秘めたる能力が自分にも備わっているか?」
を確かめたいと思ったそうです。

今回 は
午前のみという時間制限の中
2ピーク制覇とスケジュールもハードでした。

天国だったのか? 地獄だったのか??

折れそうな心
自分と向き合う時間。。。

そんな時間を持つこと。

“漢塾”は
漢(男)の集いだったことは確かです!!

自然はスバラシイ。

ありがとー。スノーボード。
ありがとー。八甲田。
先輩方ありがとー。。。

(^_-)V

photo : NB & OGURY
プロフィール

OGURY

Author:OGURY
喰う呑む遊ぶ。時々仕事…。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。